「自分の心の置き処」 

カテゴリ:小言

毎度お馴染み 私の河川敷散歩道には数人のホームレスが川沿いで
生活をしております。
P3220050.jpg
その方々の大半はアルミ缶集めを生活の糧とし、日の出前から
セッセと活動している姿をよく見かけます。
P8220819.jpg

好奇心旺盛な私は一人の男性の様子を興味深く観察しておりますと
男性は集めた山積みのアルミ缶を一つ、一つ丁寧に潰し、そしてラジオから
流れる演歌のBGMを鼻歌まじりに、しかも一杯やりながら とても
嬉しそうに作業する様子が・・・・。
P8220818.jpg
私は ふと・・思ってしまいました。

「この人は自分を不幸者としては決して思っていないのだろーなー。
むしろホームレス生活を心底エンジョイしている幸せ者なのかもしれないなナ・・」と。

彼等の生き方を評論するつもりは更々ありませんが むしろ外見上まともな社会生活を
送っているようでも実は多くの家庭問題・金銭の悩み・人間関係の摩擦、トラブル等を
必然の出来事と素直に受け入れずに マイナス思考で生きている人達の方が
よっぽど 不幸者ではないだろうか・・・??と

私の大尊敬する 故中村天風先生は多くの書物のこう書き残しております。
「要するにこの世で起こることすべて必然!!
         自身の心の置き処ひとつで幸福にも不幸にもなる!」
・・・と。
わかっちゃいるけどナカナカねぇ~・・。修行です・・・。